小山田老人保健施設

北勢

施設写真
  • 法人名:社会福祉法人 青山里会
  • 開設日:昭和63年4月1日
  • 設置形態:併設(小山田記念温泉病院)
  • 定員:入所100名、通所20名
  • 住所:四日市市山田町5501-1
  • TEL:059-328-2847
  • FAX:059-328-2687
  • URLhttp://www.normari.jp/

概要

 小山田老人保健施設は、昭和61年の老人保健法の改正により、全国で7ヶ所のモデル施設の1つとして、厚生省(現在は厚生労働省)より指定され、昭和63年4月に本格的な運営をはじめました。併設の医療機関である小山田記念温泉病院は、急性期の治療から介護が必要となる病状まで対応可能であり、医療と福祉が連携しながら地域の皆様の生活を支援しています。
 また、同一敷地内には特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、軽費老人ホーム、デイサービスセンター、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所などの福祉施設群を備え、「安寧(あんねい)」「顧客満足(CS)」「ノーマリゼーション」の理念のもと、誰もが安心して暮らせるまちづくりを目指しています。

特徴

特徴@:「在宅復帰と在宅生活支援」・・・医師・看護師・介護福祉士・リハビリ職・支援相談員など多職種が連携してご利用者様の自宅への復帰を支援し、自宅復帰後には大規模法人ならではの多様なサービスメニューを選択して頂き、自宅での自立した生活を支えています。また、リハビリ職がご利用者様の状態に応じた個別のリハビリプログラムを提供しています。

特徴A:「併設の医療機関との連携による充実した医療サービスの提供」・・・当施設では1名の施設医師による診療の他に、併設の総合病院から内科・神経内科・皮膚科などの5名の医師による回診(週2回)を受け入れており、充実した医療ケアを受ける環境があります。また、終末期の看取りケアを積極的に行っています。

特徴B:「生活困窮者の生活支援と権利擁護」・・・貧困、身寄りがない、認知症など複合的な生活課題を有する方々への相談支援機能を強化し、成年後見制度や任意後見制度などの法的支援を司法書士などの法律家と連携しながら支援しています。

特徴C:「豊かな自然の中での温泉の利用」「四季折々の行事」・・・自然豊かな小山田の地では温泉が湧出しており、施設での入浴はその温泉の湯を利用しています。また、盆踊り大会、敬老行事、小山田温泉まつり、忘年会などの多様な行事を開催しています。

△ページトップ