介護老人保健施設 つつじの里

中勢

施設写真
  • 法人名:社会福祉法人 あけあい会
  • 開設日:平成12年4月1日
  • 設置形態:併設
  • 定員:入所100名、通所15名
  • 住所:津市白山町二本木1163番地
  • TEL:059-264-0111
  • FAX:059-262-7788
  • Eメールtsutsuji@akeai.or.jp
  • URLhttp://www.akeai.or.jp/

概要

 当つつじの里は、緑豊かな自然環境に恵まれた白山町旧国立静澄病院跡地に介護保険制度の導入とともに平成12年4月1日に開設されました。開設にあたりましては全国的にも珍しい公設民営であり、併設の特別養護老人ホームきずなとともに、一志社会福祉施設組合との契約により明合乃里会が管理運営を受託しました。
  つつじの里の運営方針は「利用者の在宅への復帰、自立化を目指し、機能回復訓練を中心に心身機能の維持回復を図り、在宅生活の活性化を促し、利用者相互のコミュニケーション、施設外との交流を通じて社会性の維持を目標とする」であります。これをもとに、要介護状態の改善、医療との連携、利用者の自由な選択によるサービスの提供、在宅における自立を目指した生活への支援等が望まれ、職員の資質の向上、ボランティア活動の積極的受け入れなど、利用者の方々の周囲の環境の整備にも取り組んでいます。

特徴

 施設は3グループ(Aエリア:40名、Bエリア:40名、Cエリア:20名)に分かれ、それぞれスタッフも固定し、個々のニーズに応じたサービス提供を行っています。各居室には洗面所、トイレを完備しており衛生面等の環境に心掛けています。また、食堂をはじめ自然の光の中での生活を楽しんで頂いています。
  リハビリについては理学療法士の指導のもと集団リハに力を入れ、残存能力の引出しを積極的に行っています。リハビリサークルにも利用者それぞれの希望に応じ参加して頂いています。利用者の状況については毎月ご家族の方に介護報告書にてお知らせするとともに、ケアプラン内容の確認のため、3ヶ月に一度ケアカンファレンスに参加して頂いています。また、家族交流会は2ヶ月に一度開催し、ご家族との意見交換を行っています。

△ページトップ